本文へスキップ

インプラント歯科と審美歯科専門のホームページです。歯科徳島市北佐古二番町の歯科 さむらデンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-648-902スマホの方は088-633-4182

Yahoo!ブックマークに登録〒770-0012 徳島市北佐古二番町2-40

歯医者はさむらデンタルクリニック

歯に関する情報です。

 

「親知らず」は20歳前後で生えてくるため、親が知らない歯ということで名付けられたようです。この親知らずですが、生えてくる人もいれば、生えてこない人もいます。また、生えてきた場合でも、抜歯した方がいいケースと、抜かないで残しておいていいケースがあります。今回は、親知らずが原因となるトラブルと、その対処法をご紹介します。親知らずは上あご、下あごの最奥の四隅に生えてくるため、生え方によっては歯磨きをきちんとするのが難しく、将来的に虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。最悪の場合は手前の健康な歯を巻き添えにする恐れもあるので、抜歯を勧められることになります。また、親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥なので治療やメンテナンスがしづらく、治療をしないで抜歯するというケースも出てきます。

一般的に抜歯をした方がいいと考えられる親知らずは、次のような状態です。

①手前の歯と同じように生えているが、歯磨きがうまくできない
②中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている
③横向きに生えている
④骨の中に完全に埋まっていてレントゲン写真上問題がある
⑤歯並びを悪くする恐れがある

 逆に、抜歯をせずに残しておいてもいいのは、次のような状態です。
①手前の歯と同じように生えていて、歯磨きも問題なくできる
②骨の中に完全に埋まっているものの、レントゲン写真上問題がない
③その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合


親知らずを抜く場合は、できるだけ早い方がいいです。虫歯や歯周病になってからでは遅いのと、若いときの方が抜いた後の骨の回復も早いからです
 

さむらデンタルクリニック

〒770-0012 徳島市北佐古二番町2-40
TEL.0120-648-902


Samura Dental Clinicさむらデンタルクリニック

〒770-0012
徳島市北佐古二番町2-40
TEL 0120-648-902
FAX 088-612-8242