本文へスキップ

インプラント歯科と審美歯科専門のホームページです。歯科徳島市北佐古二番町の歯科 さむらデンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-648-902スマホの方は088-633-4182

Yahoo!ブックマークに登録〒770-0012 徳島市北佐古二番町2-40

歯医者はさむらデンタルクリニック

歯に関する情報です。

口臭の対策についてお話します。口臭は酸素が少ない環境を好む「嫌気性細菌」
が発生させる揮発性ガスが原因です。一日のうちで最も嫌気性細菌が繁殖するのが唾液
の分泌が少なくなる睡眠中。唾液が少なくなると、その中に含まれる酸素や浄化作用が
ある酵素が減るため、嫌気性細菌が喜ぶ環境になるからです。

この最も嫌気性細菌が繁殖する睡眠中をうまく切り抜ければ、起き抜けに感じるいや-な
口臭を減らすことができます。

 そこで、口臭対策のポイントその1は、就寝前後の歯磨きです。睡眠中に細菌の繁殖を
押えるには、まず寝る前にできるだけ口の中をきれいにしておくことが大切。就寝前から
細菌がたくさんいたのでは、いくら朝に一生懸命磨いても、細菌の数を残らす効果は
あまり期待できません。

 そして、朝、起きたらすぐに歯を磨くことも重要な口臭対策。起床時のロの中には、なんと
便10g分に匹敵する数の細菌がいるというデータもあるほど。歯磨きをしないまま朝食を
食べようものなら、わざわざ細菌を体内に取り込んでいることに。

しかも、口臭の原因になる細菌のなかには、心臓病の誘因になるのではないかと最近、
注目されているものもあります。歯磨きは寝る直前と起きた直後、これがきれいな息を
つくるポイントです。(ただし朝食後も歯磨きは必要です)

 以前にもお話しましたが日本人の場合、歯磨き=歯ブラシで磨くと思い込んでいる方が
多いので少し考え方を改めてみましょう。歯を隅々まできれいにしようと思ったら
歯ブラシ+フロス(糸ようじ)が最低限必要な道具です。歯ブラシでも1回の歯磨きに2種類
ぐらい使用したほうが効率よく磨けます。

 歯の間はフロス(糸ようじ)を使用しないと歯ブラシで磨くことはできません。さらに口臭予防
に重点をおくなら舌の掃除も大切です。実は口の中が原因である口臭のうち最も臭いを発生
させているのが舌なのです。舌の表面の白っぽい苔をこさぎ落とすとお口の中は非常に
さっぱりします。舌の掃除には専用の道具がありますからそれを使用することをお勧めします。

 歯ブラシで擦るのは舌の汚れを舌に余計からめつけてしまうので逆効果ですし、薬局で売って
いる舌専用の掃除道具にも好ましくないものがありますから購入する際には歯科医のアドバイス
をうけることをお勧めします。口の中をきれいにするという1つの動作で歯周病も虫歯も、さらには
口臭も防ぐことができるのです。


(ウラ技)

 口臭は基本的には皆無にすることはできません。気になる時などに応急手当としてミントや
レモンフレーバーのスプレーやタプレットで臭いをごまかすのは皆さんよくやっていることだと思います。
しかし効果は短くせいぜい1時間ぐらいです。別の臭いで臭いをごまかすのではなくしかも2~3日
臭いを抑える効果があるものとして過酸化尿素があります。

 過酸化尿素とは最近はやりの「歯の美白」に使用する薬です。ですから歯を白くするために
過酸化尿素を使用している間は口臭が減ります。お見合い、初めてのデート、面接など気合の
必要な時に過酸化尿素を使用するのは有効な手段だと思います。ちなみに過酸化尿素は
「おしっこ」が原料ではありません。100%化学合成です。


さむらデンタルクリニック

〒770-0012 徳島市北佐古二番町2-40
TEL.0120-648-902




Samura Dental Clinicさむらデンタルクリニック

〒770-0012
徳島市北佐古二番町2-40
TEL 0120-648-902
FAX 088-612-8242