本文へスキップ

インプラント歯科と審美歯科専門のホームページです。歯科徳島市北佐古二番町の歯科 さむらデンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-648-902スマホの方は088-633-4182

Yahoo!ブックマークに登録〒770-0012 徳島市北佐古二番町2-40

歯医者はさむらデンタルクリニック

歯に関する情報です。

口臭の予防法の続きをお話します。口臭の予防のポイントは唾液をたくさん分泌させるということです。
その具体的な方法を挙げます。

【 唾液の分泌を盛んにするストレッチ 】

 舌と唾液の関係はとても密接。舌の裏側には唾液を出す「唾液腺」があり、舌が動かないと、唾液腺は
唾液をたくさん出す必要がないと判断し、逆に舌が動けば動くほど、唾液腺はその刺激で唾液をどんどん
分泌します。

 舌をよく動かすようにすれば、唾液の分泌は自然に盛んに。舌のストレッチは、緊張で口がカラカラになった
ときはもちろん、ふだんからこまめに実行を。舌の血行がよくなって舌苔がつきにくくなったり、浄化作用に
すぐれた唾液の状態がキープされるので、口臭予防効果がぐんとアップします。

【 唇を囲むロ輪筋を鍛えて、ロ呼吸を治す 】

 口の中が乾燥する原因のひとつとして、口から息を吸って口から息を吐く「口呼吸」もあります。常に口が開
いた状態になるので、乾燥しやすくなるのです。

 なぜ口呼吸になるかといえば、口のまわりの筋肉「口輪筋」が衰えて、しっかりと口を結べなくなっているから。
柔らかいものを食べることが増え、岨噂する回数が減っていることから、筋肉も弱くなっているのです。
口輪筋が鍛えられると、顔が引き締まって小顔に見えたり、口角が上がって若々しく見えるという、うれしい
おまけもついてきます。

 ここで注意したいのが鼻炎のある方は鼻で呼吸ができないので必然的に「口呼吸」になってしまいます。
そのような方はまず耳鼻科を受診してください。

【 堅いものをよくかんで食べる 】

 よくかんで食べることも唾液腺を効果的に刺激し、唾液の分泌を盛んにします。岨噂の回数を増やすには、
なんといっても、堅いものを食べること。食物繊維が豊富なごぼうやにんじんなどの根采類、ひじきなどの海藻類は、
まさに最適。便秘が解消されて腸もきれいになるので、体の内側からのにおい予防にもなります。

【 和食の朝食をとる 】

 一日の食事のなかで、朝食は口臭予防の観点からもとても大切です。唾液が分泌されずに、睡眠中に増えた
細菌がいつまでも口の中に残ってしまわないように、朝食はきちんととりましょう。

 朝食は唾液の分泌をよくするために、かむ回数が自然と多くなる和食スタイルに。おひたしやきんぴらごぼう、
わかめのみそ汁など、食物繊維が豊富なメニューは和食のほうが作りやすいのです。

【 ストレスをためない 】

 自律神経のバランスがくずれているとストレスも強く感じやすいもの。また、自律神経がコントロールする唾液の
分泌量も少なくなってしまいます。規則正しい生活を心がけ、自律神経を整えましょう。一日3食きちんと食事をとり、
夜更かしをしないことも大切です。





さむらデンタルクリニック

〒770-0012 徳島市北佐古二番町2-40
TEL.0120-648-902




Samura Dental Clinicさむらデンタルクリニック

〒770-0012
徳島市北佐古二番町2-40
TEL 0120-648-902
FAX 088-612-8242